クレオパトラ/コロンビア

 今回ご紹介するのは、コロンビアからクレオパトと名付けられた豆。

生産地は標高1700m〜1850mの山肌にあり、アンデスからの厳しい山風に育まれ、また昼夜の寒暖差によって身の引き締まった、高品質なコーヒーが栽培されます。

何はともあれ、クレオパトラという名前の由来が一番気になるところですよね。
そもそもクレオパトラと名付けられたコーヒー豆は、ミランダ農園で栽培されていました。
ただ、ミランダ農園が閉鎖されることにともない、クレオパトラも販売終了の予定でした。
しかし、クレオパトラを終わらせるわけにはいかないと言うことになり、
カップ・プロファイルに基づき、別の登録農園で栽培し今回の販売となりました。
なんと、ミランダ農園の初代農園主の名前がシーザーということから、シーザーに愛をささげたことで有名なクレオパトラと名付けられたと言われています。

味の特徴ですが、コロンビアマイルドという言葉があるのですが、まさに言葉通りの優しい口当たりと、程よい酸味のコーヒーです。

是非、お楽しみ下さい。

■200g

お試しにもギフトにもぴったり!
一杯ずつの、 ドリップバッグタイプはこちら!!!

販売価格 1,600円(税込1,728円)
お届けの状態

あなたにおすすめの商品

営業日カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

木曜日が定休日です。
営業時間:7:00〜18:00

定休日もご注文・お問合せ頂けますが、ご注文&お問合せへの返信・発送は翌営業日となります。
ご了承ください。